注文住宅の間取り

住宅の間取りが大きすぎても良くない

注文住宅を作った後には、たまに間取りに関する問題点が発生しています。思ったよりも狭かったので、失敗してしまったと言う話は本当に多いのです。

ですから多くの方々は、間取りは広めにするべきだとは考えています。しかし、広ければ良い訳でもありません。あまりにも面積が広いと、逆に困ってしまう事もありますから、注意が必要です。

例えば、リビングを少々広めな間取りで設計したとします。狭いよりは良いと思ったからです。

ところがいざその住宅に居住してみると、冷暖房の効率で悩んでしまう場合があります。というのも、エアコンの性能にも限界があります。ある程度の面積ならば、どうにかエアコンで冷やす事はできても、広い間取りなら話は別なのです。面積がむやみに大きければ、エアコンでは冷やしきれない事があります。

それとエアコンを使えば、もちろん光熱費も発生する事になります。大きな部屋の空気を調整するなら、それだけ光熱費も割高になる傾向はあるのです。ですから、あまり大きく設計し過ぎない事も大切です。